酵素について知ろう


酵素とは

酵素とは、体内のほぼすべての化学変化、生命活動に関わってくる栄養素です。酵素が不足すると、ビタミンやミネラルなどの栄養分は十分にその効果を発揮しないので、体全体の代謝が遅れてしまいます。酵素が最も消費されるのは「食事」なので、食べ物を工夫することが大事になります。酵素は極めて熱に弱く、47℃で死滅してしまう成分なのです。野菜や果物、生肉などには、もともと自らを消費するための酵素が、大量に含まれているので、本来なら体内の酵素を必要としないのですが、現代の献立のほとんどが、加熱して食べるようになっているので、体内の酵素を使って消化しなければなりません。現代人の食事のメインは「動物性たんぱく質と脂肪」と言った、体内の酵素を沢山使ってしまう食事メニューなのです。体内の酵素を節約するのに、最も効果的なのが「生の野菜や果物を食べること」「小食を心がける」事です。または加熱した食べ物を食べるときは、野菜もたっぷり食べることです。今話題になっているのが「液体酵素」とともに「酵素野菜ジュース」でしょうか。生野菜や果物をミックスして作る生ジュースは、酵素が豊富に含まれているのです。酵素は細胞の一つ一つに遺伝子とともに存在する特殊なたんぱく質です。体内の酵素には大きく分けて、食べ物を消化する「消化酵素」と、呼吸や心臓の働きに至るまで、人間のすべての活動をつかさどる「代謝酵素」といった2種類があります。さらに代謝酵素は新しい細胞を作ることや、免疫、排泄にも構わって来るようです。酵素は私たちの生命維持に欠かせない物なのですね。
[管理人特選サイト]
・肌に優しいニキビ対策が出来る化粧品の、通販サイトです >>> ニキビ 対策



ページTOPへ